ページの先頭です

ヘッダーのはじまりです


本文のはじまりです

ニュース

ダーウィン物語−1

2009/02/12

1)ダーウィンという概念

その日は、英国の南海岸独特の西南からの季節風がコーンワル半島の
英国南部最大の港町プリマス港を被っていたに違いない。
まだクリスマス気分が抜け切らない12月27日のことだ。例年に比
べて特に寒気が強い日ではあったが、22歳のチャールズは英国海軍
所属の測量船ビーグル号の甲板の上で、これからの未知の世界への旅
立ちへの興奮から身体は火照り、見送りの桟橋からにこやかに手を振
っているケンブリッジ大学の恩師のジョン・ヘンズロー教授の横で、
最後までこの航海に
反対をしていた父ロバート・ダーウィンの不安げな顔も朧げにしか見
えていない。
出航の汽笛を指示しながらロバート・フィツロイ船長は航海日誌に
1831年12月27日の最初のページにシップスログをしたため始
めた。これが3年間の予定が5年にも渡る探究の旅となり、後、世界
の生物学の革命的理論が生み出される船出になろうとは、その本人で
あるチャールズ・ダーウィンにとっても想像も出来なかった。
故郷のシュロップシャー州シュルーズベリーの寄宿舎校で学んだ後、
16歳でエジンバラ大学で父が勧めた医学部に進んだが学風や授業に
馴染めず、2年後の1827年に英国国教会の牧師を養成するキリス
ト教大学のケンブリッジ大学へ移った。
エジンバラ時代も医学より「昆虫採集」や、「動物の剥製製作」や、
「海生生物の観察」など自然科学に興味が引かれる学性生活であった。
そのような青年にとってケンブリッジで植物学・鉱物学の権威であっ
たヘンズロー教授との出会いもある意味をおいて必然であったのかも
知れない。
そのヘンズロー教授の紹介でフィツロイ船長のビーグル号の博物学者
の卵として乗船を推薦された経緯がある。
この時期のチャールズにとって、この航海を志望するどのような理由
があったのだろうか。
基本的には聖職者教育を受けた学生生活を無駄にし、遭難が多いこと
で有名な小型なブリッグ船での世界一周の航海に、なにかの未来が見
えたのだろうか。出航したビーグル号は大西洋を南下し、アフリカ西
海岸を経由、南アメリカ東岸を南下、リオデジャネイロに至る。生物
の研究以外にもヘンズロー教授に受けた鉱物学を活かした地質学ため
の内陸部への調査も頻繁に行っている。
マゼラン海峡を通過して南米大陸をほぼ4分の3周して西岸のバルパ
ライソに寄港、また1年2ヶ月を要して1835年9月15日、ガラ
パゴス諸島のチャタム島に着いた。このガラパゴスでの滞在期間は意
外と短く約1ヶ月であった。この島での鳥やカメなどの生物の観察が
後世の偉業の出発点となる。しかし上陸後の初期段階は生物の現況の
観察採集が主で「変化」の兆しを読み取ることは出来なかったようだ。
しかし、囚人の流刑地であったこの諸島を管理する総督からの、島々
での生物の多様性についての示唆によってついに「新しい生物学」が
発芽した。26歳の青年にとってのこの島でのたった40日間の体験
は、たぶん人生に1度しかないチャンスだったのだろう。
その年の年末に大平洋を横切りニュージーランド、翌年の1836年
の1月にオーストラリアのシドニーに寄港し、インド洋を横断。アフ
リカ最南端のケープタウンを越えて再び南米のバイーヤに至り、往路
を逆に辿るコースで最終航行の後、1836年10月2日に出発港の
プリマスより南西へ70キロほど下った小さな港町ファルマス港に無
事帰港した。
ガラパゴス諸島でのエピソードや、帰国後の「ビーグル号の航海記」
や、すべての生物種は共通の祖先から進化したという、いわゆる進化
論を説いた「自然選択説」による「種の起原」などの多大な業績に関
しては、多くを語る必要はないであろう。後日論的な後世での評価は、
どのような分野でも多々あり、その成果を論じても切りがない。
この時代ではたぶん長寿の部類に入るであろう73歳の人生を方眼紙
的に区切れば、今まで単一にしか見てなかった彼の人生の節々や業績
がもっと浮かび上がってくるに違いない。
しかし、やはり22歳の卒業間もない青年が、自分の意志で「ビーグ
ル号」という船に乗ったことが、すべてを語っているように思う。
これが「ダーウィン」らしさの出発点だ。
1809年2月12日、今から200年前の今日、産声をあげたチャ
ールズ・ダーウィンの物語り。

西鉄バス・デザインリニューアル・プロジェクト

2008/10/23

ダーウィンLLPのプロジェクト
「西鉄バス・デザインリニューアル・プロジェクト」の概要をPDFファイルにまとめました。

PDFを見る

博多テキスタイル・エクスプロージョン・プロジェクト

2008/10/23

ダーウィンLLPのプロジェクト
「博多テキスタイル・エクスプロージョン・プロジェクト(HAKATA TEX)」の概要をPDFファイルにまとめました。

PDFを見る

松岡恭子TV出演

2008/05/22


松岡恭子TV出演のおしらせ

5月25日(日)0時30分 RKB番組の「元気ばい福岡」に
松岡が出演。ダーウィンLLPと西鉄バスニューデザインについて
話をさせていただきました。


http://www.rkb.ne.jp/genki/index.html



松岡恭子 Kyoko Matsuoka
スピングラス・アーキテクツ

<インタビュー>西鉄バスプロジェクト

2008/04/18

『西鉄バスプロジェクト』
メンバー松岡恭子へのインタビュー記事。
2008年4月4日

PDFを見る


本文のおわりです

CONCEPT | MEMBERS | NEWS | WORKS | CONTACT | PRIVACY POLICY

鮎川 透 / 今宮優子 / 江藤 実 / 梶原道生 / かねこしんぞう / 後藤 宏 / サーズ恵美子 / 佐藤俊郎 / 原 一真 / 平松聖悟 / 松岡恭子 / 松熊伸幸 / 宮本一伸

pagetop

Copyright Darwin LLP All Rights Reserved.